飲む日焼け止めってどうなんでしょう?

内側がケアできる成分はあるが、直射日光の熱は対策できない

内側のケアが行える成分は存在しますが、直射で受ける熱には対応できないので、そこが従来の日焼け止めとの違いです。

飲むことでケアが行えるのは、日焼けが心配な人にとって朗報ですから、使い方次第で有用性が活かせるでしょう。

飲むだけで日焼け止めクリームはいらないの?

飲むだけでも日焼け止めになりますが、クリームも併用することで相乗作用がアップします。

完全に日焼けが防げるとは限りませんから、より確実に対策をするなら併用が必要です。

飲む日焼け止めによく含まれる成分とは?

飲む日焼け止めを代表するのは、ニュートロックスサンという成分です。

スペイン生まれのニュートロックスサンは、ミギュエル大学のニコル博士と、モンテローザ社の協力によって誕生しています。

ニュートロックスサンの成分パワーとは?

ニュートロックスサンは、日焼けが生じる際にそのメカニズムを食い止めることで、日焼けを抑えるパワーを発揮します。

日焼けの後ではなく、前に使ってこそ作用を発揮しますから、日焼けしそうな時に予め摂取することが大切です。

フラバンジェノールもいいらしい?

フラバンジェノールもニュートロックスサンに並ぶ成分で、こちらも飲むサプリで採用されています。

この成分はニュートロックスサンの後発で、ポリフェノールの一種という共通点を持ちますが、過去に生じた日焼けにも有効とされます。

飲む日焼け止めサプリはどんなものがある?

インナーパラソル16200

インナーパラソル16200は、ニュートロックスサンを配合している代表的なサプリです。

主成分の他にも、役立つ成分が加えられていますから、総合的な飲む日焼け止めとして期待できます。

自然の恵みが日焼け止め作用をもたらしてくれるので、そういった点で安心感が得られます

販売実績や評価は高めですから、飲む日焼け止めの有力な候補となるでしょう。

マスターホワイト

マスターホワイトは、プロテオグリカンにアスタキサンチンといった、16種類もの美容成分が配合されます。

プロテオグリカンは糖とたんぱく質の複合的な成分で、皮膚を健やかに保つことが確認されています。

一説には、コエンザイムQ10比の1000倍ともいわれていますから、その成分を含むマスターホワイトには期待が持てます。

複合的な構成で作られている商品なので、美容成分の多さと組み合わせにも魅力があるといえます。

ホワイトヴェール

ニュートロックスサンを含むサプリの一つホワイトヴェールは、2016年に登場して今も販売実績を積み重ねています。

1日2粒の摂取で、1日の推奨量を超えるニュートロックスサンが摂れますから、簡単かつ効率的に美容成分が欲しい人におすすめです。

肌が赤くなりにくいとの評判があるので、飲む日焼け止めサプリとしての期待値は高めです。

高評価を得ている商品でもありますから、期待して試してみるだけの価値が備わります。

リブランコート

リブランコートはフラバンジェノール系のサプリで、他にもレッドオレンジやザクロエラグ酸、米グルコシルセラミドなど追加成分が豊富です。

各種のビタミンもバランス良く配合済みですから、フラバンジェノールだけでない、総合的なケア作用をもたらしてくれます。

ランキングで上位を獲得したり、試してみてよかったとの声も少なくないので、検討できるサプリの一つです。

やかないサプリ

直球なネーミングであるやかないサプリは、パームヤシやローズマリーにパイナップル、ビタミンCといった成分で構成されます。

飲む日焼け止めで定評のある、定番の成分は配合されていませんから、その点が他とは大きくことなるポイントです。

しかし、ポリポディウムロイコトモスエキスであったり、ヘスペリジンなどが入っているので、こういったところに商品の特徴が表れます。

また、パームヤシとローズマリーやパイナップルの抽出物などから、植物由来の安心感を覚えることができます。

飲む日焼け止めはこんな人におすすめ

◆塗るタイプだとどうしてもムラが出たり、プールに入れない

塗るタイプは必要なところに直接使えるものの、塗り方によってはムラが出てしまうのが難点です。

しかも水に弱く成分が流れる心配があるので、折角塗ってもプールに入れないという欠点があります。

これでは日焼け止めの意味がありませんから、何の為に使うのか疑問が生じてしまうでしょう。

しかし、飲む日焼け止めは口にするだけと簡単な上に、ムラが生じないばかりかプールにも入れるのが魅力です。

◆日焼け止めを塗ると肌が荒れやすい
日焼け止めが有効だとしても、肌が荒れてしまっては本末転倒ですから、肌の弱い人には不向きとなります。

飲む日焼け止めは口にする成分としてはリスクが少なく、トラブルを引き起こす心配はとても低いので、従来の塗る日焼け止めが気になる人でも大丈夫です。

飲んでしまえば後はOKですから、手軽さという意味でも塗るタイプより有力ですし、心配がなくなるのが嬉しいところです。

◆メイク後だと塗りなおしができない

メイクを行った後は、塗りなおしができないのも欠点なので、人によってはこの部分がとても気になるはずです。

サプリは飲んで内側から作用しますから、メイクの有無は関係ありませんし、塗りなおしができない問題も解消します。

それどころか、塗りなおしの必要性すらなくなるので、大幅に手間が減る嬉しいメリットが実現します。

ネックが簡単に解消してしまうので、飲む日焼け止めサプリは革新的な商品だといえます。

◆海に入るたびに塗りなおしが面倒
海では水に触れる機会が多く、また太陽の光も強めにあたりますから、何度も塗りなおす必要があります。

折角の海水浴も、これでは楽しむ集中力が途切れ途切れになるので、気持ちの盛り上がりが冷めがちです。

何より塗りなおす面倒臭さが強いですから、可能であれば塗りなおさずに済ませたいものです。

飲む日焼け止めは、長時間連続的に作用を発揮しますし、塗りなおす手間がないので便利です。

◆兎にも角にもめんどくさがり
日焼け止めはやはり、兎に角塗るのが手間なので、めんどくさがりの人にとっては憂鬱となるでしょう。

これが飲むだけで簡単に実現できたら、その悩みや希望に応えて作られたのが、飲むタイプの日焼け止めサプリです。

日焼け止めに有効とされる成分を配合しており、体の内側から作用を発揮するので、塗る手間が一気に解決します。

塗りなおす手間も解消されますから、めんどくさがりの人にこそ朗報ですし、おすすめできる筆頭となるでしょう。

他にもまだまだ飲む日焼け止めサプリはある?

ボタニカルホワイト

話題のボタニカル系成分を中心に、地中海で生まれたレッドオレンジコンプレックスと、天然植物由来成分を配合しています。

レッドオレンジコンプレックスは、世界が注目している鮮やかな色の果物の総称で、この組み合わせがボタニカルホワイトのベースです。

そこにシダ植物エキスやビタミンB2に、ビタミンCとEやリコピンが加えられている形です。

選りすぐられた成分だけが、厳格な製造環境で加工されているので、高品質な商品に仕上がっています。

ビセットホワイト

ビセットホワイトはニュートロックスサンの成分量が特徴で、1粒に50mgもの成分が配合されています。

1日に5粒だけで、いわゆる日傘マークが推奨する250mgが摂れますから、ニュートロックスサンを沢山摂取したい場合に最適です。

他にも、13種類ものバリアサポート成分が入っているので、総合力の高さにおいても魅力があります。

製造は勿論国内ですし、厳しい認定基準をクリアした工場で作られていますから、品質面も安心です。

サンタンブロック

ニュートロックスサン配合のサンタンブロックは、シトラス果実とローズマリー葉抽出エキスという、二つの天然ポリフェノールを特殊配合しています。

次世代の日焼け止めとして、この飲む日焼け止めサプリが開発されていますから、十分に期待させてくれるといえるでしょう。

主成分に必要な成分だけを加える形に留まり、余分なものは入れられていませんから、高純度のニュートロックスサンが確認できます。

雪肌ドロップ

雪肌ドロップはオーガニック重視のサプリで、トータルで複合的に基本性能を高めているのが特徴です。

システインペプチドとルテインやクロセチンに、グァバやレモンを加えることで、飲む日焼け止めの総合力を高めています。

他にも定番のザクロエキスと、コラーゲンペプチドやメロンプラセンタも入っていますから、これ一つでトータルケアが実現するといっても過言ではないはずです。

ヘリオケア

ヘリオケアの主成分はシダ植物由来で、追加成分にも共通する、100%の天然成分系サプリとなっています。

化学薬品は含まれていませんし、他はビタミンCやDとEに、リコピンとルテインなどですから、紛れもなく正真正銘の天然由来成分サプリでしょう。

ヘリオケアには3種類がありますが、日本では日本人向けに成分を配合したタイプが販売されているので、日本人専用として試したり愛用が行えます。